おしゃれな電報、おくりませんか?電報サービス比較しました

三角の画像
Home > 電報について > 電報の文面で困った時にお勧めな方法

電報の文面で困った時にお勧めな方法

電報を利用する際、頭を悩ませる事になるのは、文面かもしれません。
確かに、よく耳にする様な言葉を選んでしまうと面白みやオリジナル性がなくなってしまいます。
かといって、一から考えるのは難しいですし、文面を考える事に、それ程、時間を割く余裕もないかもしれません。
そこでお勧めなのが、既存の定例文を利用する方法です。
ただ、定例文をコピーしてしまう形だと、気持ちがこもっておらず、形式的なものとして贈られたという印象が強くなってしまいます。
ですから、少しだけ、自分の言葉を添えるのが鍵になります。
一言で構いませんので、自分の言葉で伝える様な一文を加えると、定例文を利用してもオリジナリティが出ます。
定例文の文面があるので、文字数もそれなりにかせげますし、一言や一文くらいなら、それ程難しくなく文面も考えられる筈です。
電報を利用する際は、難しく考える事はなく、相手の事を考えて楽しむことがポイントです。



フォーマルな場で気持ちを伝える電報という文化

電報とは、伝えたいメッセージがあるときに、決められた文字数の中で文章を作って送る伝達手段です。
結婚式やお葬式などの冠婚葬祭で用いられることが多いです。
結婚式の招待をもらったが用事で行くことができない場合に、お祝いの言葉を電報で送ったりします(祝電)。
また、お葬式に参列できない際にお悔やみの言葉を送るのにもつかわれます(弔電)。
フォーマルな場でメッセージを伝えたい場合に用いられます。
電報を用いることで場を重んじていることをアピールすることができます。
午後からの披露宴の場合は当日の午前中まで、午前中の披露宴の場合は前日には届いていることが望ましいです。
細かいマナーがありますので、送る前にしっかりと調べておくことが大切です。
インターネットで調べるとTPOに合わせた文例集も見つけることができます。
また、申し込みもネット上から行えます。



冠婚葬祭の催しに送る電報のマナー

冠婚葬祭の催しに、今や電報は欠かせない存在となっています。
日頃から感じている感謝の気持ちや、お悔やみの言葉などを届けることができるからです。
このように大きな魅力を持つ電報ですが、実際に送る時にはマナーを守って送るようにしたいと思うことでしょう。
それらマナーの中には、いつまでに届くように送ったらよいのか、メッセージ本文で注意すべき言葉は何かといった事柄が含まれます。
例えば、結婚式などの祝電の場合、披露宴に間に合うよう早めに送るのはよいことです。
メッセージ本文には縁起の悪い言葉は使わないよう注意することができます。
それに対して弔電の場合は、遅くても葬儀の前には届くように手配できるでしょう。
その際、忌み言葉を使うことがないよう十分注意するようにしましょう。
またお礼状として電報を送る場合は、できるだけ早く送るよう心がけることができます。

次の記事へ

カテゴリー