おしゃれな電報、おくりませんか?電報サービス比較しました

三角の画像
Home > 電報について > 電報は冠婚葬祭からお祝いなどに使える

電報は冠婚葬祭からお祝いなどに使える

冠婚葬祭の行事があるとき、できるだけ参加するようにします。
しかし参加できないこともあります。
その時には事前に参加ができない旨を伝えるようにしておきましょう。
ただ、参加しなければいいわけではありません。
場合によっては参加を希望した人もいるかもしれません。
そこで利用するのが電報になります。
メッセージを贈るサービスで、かつては電話局が行うサービスとして知られていました。
今も各電話会社が行っていますが、それ以外の業者もサービスを行っています。
インターネットから利用するケースが多いでしょう。
メッセージであれば、電話や手紙、メールなどでも行えそうです。
でもあまり価値がありません。
言葉を贈るにしても一定の価値を付加して贈る方が相手にも気持ちが伝わります。
このサービスの場合は、数百円から数千円の価値があり、それによって気持ちを伝えられます。



様々な活用ができる電報の打ち方

お祝からお悔やみまで冠婚葬祭で使う電報は、どうしても会場へいけないときに気持ちを贈る為に使います。
一度使ったことがある人は使い方がわかりますが、初めての人は打ち方もわからない人もいます。
1ヶ月前から申し込みができるので、冠婚葬祭のお知らせが届いたら早めに対応するのがマナーです。
また地域によっては当日配達ができる場合もありますが、できない地域もあるので気をつけないといけません。
電報の打ち方にはまず基本的なのが電話で、115番へ電話をかければオペレーターが対応してくれます。
またインターネットのサイトからも申し込みができ、24時間対応出来るので急なお悔やみのときに便利です。
そして電話会社の営業所に窓口があれば、窓口でも打つ事ができるようになっています。
他にも電話会社以外の業者でも申し込みが可能です。



お通夜やお葬式に送る電報の知識

電報には祝電だけでなく弔電があり、お通夜やお葬式にいけないときに送ります。
お通夜やお葬式は急な連絡が多いので、当日配達ができたりお通夜までに届くようにする事が大事です。
またどうしても間に合わないときでも、お葬式の前までに送るのが常識になります。
しかし弔電の手配が早すぎても、お通夜の前は遺族が不在だったりする事もあります。
遺族に対して失礼にならないように、きちんとお通夜やお葬式の日程を確認して手配をするのがコツです。
またお通夜やお葬式の時は誰宛にして送ればいいかですが、受取人の名前にはお通夜やお葬式の喪主にするのが常識です。
そして喪主以外の人へ弔電の電報を送りたいときには、喪主の名前に様方をつけて送りたい人の名前を書きます。
結婚式では結婚をする二人の名前宛ですが、お通夜やお葬式では故人ではない事を知っておく事が必要です。

次の記事へ

カテゴリー