おしゃれな電報、おくりませんか?電報サービス比較しました

三角の画像
Home > 電報について > 電報は連絡手段ではなく大切なギフトでありマナー

電報は連絡手段ではなく大切なギフトでありマナー

現代において主要な通信手段はスマートフォンや携帯電話となっており電報はもはや過去の遺物という認識をされています。
実際に取り扱い数は最盛期の昭和40年の約8000万通から4分の1の約2000万通程に減少しており、近い将来に亡くなってもおかしくありません。
しかし、たまにCMを見るとメッセージとともにお祝いにぬいぐるみが贈られるなどギフトという側面で生き残る可能性を見出せます。
昨今は何でもメールで済ませてしまうことが多いですが、冠婚葬祭のめでたい場や厳粛な場ではメールより電報の方が相手にしっかりした印象を与えることができます。
これから時代が進むにつれ益々、その必要性が低下していきますが贈り物や礼儀を大事にする日本人の国民性からすると完全になくなりはしないでしょう。
もはや通信手段ではなくギフトや常識的なマナーなので大切な場においてはメールではなく電報を打って相手に礼を尽くしましょう。



電報がもらった人を喜ばせることに意味が有ります

現在はほとんどの人がスマホを持っている関係で、電報と言う物の持つ意味がほとんどなくなっています。
昔は携帯がなかったですから、実用的な意味で、これを使っていましたが現在では実用的な意味はなくなっています。
ただ、携帯で連絡をしても連絡をもらった方はさほど感激がありませんが、これを使えば感激がある点が違う点です。
敢えてわざわざ電報を使う点には相手を喜ばせると言う意味合いが含まれているわけです。
たとえば結婚式に仕事があって出れない場合、祝電を送れば相手は喜んでくれます。
これも携帯でおめでとうと言ってしまえば済むことですが、敢えて祝電を送ることによって、相手に気持ちが伝わるわけです。
現在においても祝電や弔電があると言うのは、そう言うことが関係しているわけです。
その点から考えると、祝電や弔電はこれからもなくならずに、習慣として残っていくのではないかと考えられます。



思いをこめた電報で会場が盛り上がる

インターネットを利用して、無料通話アプリや、電子メールが通信手段の大部分を占める中、冠婚葬祭では様々な場面で電報が利用されています。
結婚披露宴も、葬儀告別式も、その場に来ることが出来なかった親しい方からの電報は、会場の雰囲気を盛り上げる必須アイテムだと言えます。
司会者によって感情豊かに読まれた電文は、喜びや悲しみと言った人の感情を効果的に高めると同時に、打ってくれた相手とのつながりの有難さを改めて感じるものになります。
式典が終った後に、全ての文を受け取り、改めて自分で読み返してみると、一人ひとりの顔が浮かんできて、感謝の気持ちでいっぱいになもなります。
電報は、電子メールどころか、海外では今では時代遅れとさえ言われるファックスでさえ味わうことが出来ない、日本人独特の文化の中で継承されてきたものと言えるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー